レーシックのアベリーノ検査について
老眼

レーシックのアベリーノ検査について

レーシックの手術を受ける前にアベリーノ検査を受けることを推奨しているクリニックがあります。
このアベリーノ検査というのは、アベリーノ症という病気になっていないかどうかを検査するものなのですが、レーシックを行うクリニックによって見解の違いがあり、この検査を受けるべきなのか、受けなくてもいいのか?とレーシックを受ける側としては迷ってしまいます。

アベリーノ症はアベリーノ角膜変性症という病気の事で、目の中に本当に小さい混濁物が生じるという症状の病気です。
ただこの病気はこの症状によって何かが起こるということもなく、また視力にも影響しないことが多いのであまり心配はいりません
レーシック手術に関しては、アベリーノ症の方が受けると急激な視力低下となってしまう事もある、という事で、その前に検査を受けるほうがいいのではないかといわれるようになったんです。
レーシックの手術によってほんの小さい微小物が、急に大きくなりその濁りが視力に支障を与えるようになると、視力障害を起こすといわれているんです。

クリニックによって必要、必要でないという意見に分かれます。
またこの症状があるという事がわかると手術を受けられないこともあります。
検査に費用がかかることもありますし、無料で行っているところもあります。
リスクを最小限にするために、この検査は必要なものとして受け止めるべきかそうでないかは、レーシックを受ける方の判断ということです。
※参考:術後の視力回復について
※参考:レーシックの正しい知識

このページの先頭へ