レーシックのデメリットに関して
老眼

レーシックのデメリットに関して

レーシックは近視や乱視に悩む人が、裸眼での生活を手に入れることができる、魅力ある手術です。
目の悪い人にとって画期的な手術なのですが、デメリットが全くないという事はありません。
手術を受ける前に、デメリット部分も理解しておくべきです。

デメリット、という過副作用的な要素もあるのですが、ハログレア現象という状態が長くなる方もいます。
この現象は光がまぶしく感じてしまったり、光の周囲にリングのようなものが見えてぼやけてしまう、また夜間見えにくくなるなどの現象です。
一時的に発生し次第に弱まっていくといわれる現象ですが、まれに長く残ってしまう方もいます。

もう一つ、これも後遺症、副作用的なものになりますが、ドライアイになってしまうという方も少なくありません。
点眼薬によってドライアイを軽減させるのですが、あまりひどい場合は再手術という事もあります。

レーシックは保険適用外の手術となるため、病気などによる保険適用内の手術と比較すると、費用が高いhttp://showgo.tv/hiyou.htmlという点もデメリットの一つです。
ただ、以前よりはかなり低くなりました。

本当に稀なことですが、手術の後感染症や合併症が出てしまう事もありますし、衝撃に弱くなるという事もレーシックのデメリットの一つです。
角膜を調整するため、眼球に衝撃があるスポーツなどを行う方は、避けたほうがいい手術です。
全く問題なく裸眼生活をおくる事が出来る人がほとんどなのですが、稀にこうしたデメリットを感じる方もいらっしゃいます。
また、http://www.salmonfestival.net/13.htmlにも書いてあるように、手術後は一時的に制限される事柄が多いです。
例えば、運動制限や運転制限などがありますが、毎日仕事に行くのに車通勤をしていた場合、しばらく運転ができないというのは日常生活に支障をきたしてしまいます。
また、毎日運動をしていた方も同じです。
しばらく経てば制限は解除されますが、これもデメリットと言えるかもしれません。

※参考:レーシックのメリットとは?
※参考:意外なレーシックの落とし穴

このページの先頭へ