レーシックと芸能人やスポーツ選手
老眼

レーシックと芸能人やスポーツ選手

著名なスポーツ選手がレーシックを受けたことで、「レーシック」という視力矯正手術があることを知ったという方も多いでしょう。
スポーツ選手、タレント、モデルたちが次々にレーシックを受け、日本でも大きな話題となりました。

スポーツの中にはメガネをかけることができない場合もあります。
例えばサッカーです。
遊びでやる分には構いませんが、競技の場合、選手同士がぶつかってメガネが割れ負傷するという事も考えられます。
球技の中でも格闘技に近いなんて言われることもあるラグビーなども同様です。

自分の目を傷つけることもありますし、相手選手に怪我をさせてしまう事もあるのです。
そのため、小学校の頃にはサッカー用ゴーグルなどを付ける子もいますが、中学生くらいになるとコンタクトになる子が多いです。
サッカー選手にはレーシックを行った方がとても多いです。
視力が競技に深く影響するゴルフを行う方も体験者が多いですし、プロテニス選手や格闘家の方もレーシックを行った方が非常に多くなっています。

モデルさんやタレントさんは、見た目重視の世界ですからコンタクトレンズの方もいますが、写真撮影の際に目が光ってしまうとか、強烈なライトで乾いて仕方ないなどが原因で目が悪いのにコンタクトレンズをやめてしまう方もいます。
文字を読むときだけメガネをかけるなんて不便な生活をしていたタレントさんもレーシックを受けることで、鮮明な視界を手に入れたと喜ばれています。
※参考:どれくらいの人が受けている?
※参考:レーシックができない人?

このページの先頭へ