レーシックは術式の保証期間について
老眼

レーシックは術式の保証期間について

レーシックには様々な術式があります。
その術式にはレーシック、PRK、ウエーブフロントレーシック、フェイキックIOLなどがありますが、これら術式を利用した施術を行う各クリニックによって、金額や保証期間も異なってきます。
※参考:手術の方法
http://www.zarzarland.net/hik.htmlで、術式ごとの特徴やメリット・デメリットが比較できます。
一昔前に比べ、術式の選択肢が増えたので自分にはどの方法が良いのか調べるのにとても役立ちます。

例えばあるクリニックのスタンダードなレーシックの場合、保証期間は3年間です。
夜間視力に着目し安全性のより高い手術となるオーダーメイドプランの場合、トータルケアがあり、15年間の保証期間があります。
エピレーシックやラセック、PRKのスタンダードも保証期間は3年間、こういう感じで保証期間にも術式、また各クリニックによって大きく差があるという事を理解しておくべきです。

保証期間の内容についてはそのクリニックによって様々ですが、手術後に起きた合併症にかかる薬費用や検診費用、また再手術が必要な場合に、その費用を負担するなどの内容となっています。
期間については全く保証しないというものから、生涯保証するというものまで幅広く、クリニックによって違いがありますので確認が必要です。

クリニックの実績、医師の経験数、さらに費用や保障内容、口コミなどを総合して手術を行う施設の選択を行っていきたいものです。
特に保証内容、保証期間はしっかりと確認してください。
※参考:レーシックの値段はどれくらい?

このページの先頭へ