老眼

レーシックで視力が回復するメカニズム

レーシックはレーザーを利用して視力を回復させる手術という事は皆さん何となく理解されているでしょう。
レーシックを受ける前に、なぜ、レーシックによって視力が回復するのか、その仕組みを知っておきましょう。
光が目の奥の網膜という部分でとらえられることによって人は目で物を見ています。

目に入った光は角膜を通し水晶体に入り屈折します。
屈折した光は網膜に届き、ピントを合わせて像としてとらえているのです。
近視の場合、角膜と水晶体の屈折率が大きすぎて、網膜の前でピントを合わせてしまいます。
このずれを角膜の屈折率を調整することで矯正するのがレーシックです。

角膜表面を削りフラップという蓋のようなものを形成し、フラップをめくった部分にレーザーを照射します。
照射によって角膜の一部を蒸散させ角膜の中央部を薄くすることで角膜の屈折率が低くなり、網膜できちんとピントを合わせることができるようになります。
最後にフラップを閉じレーシック終了です。

屈折率を調整し網膜の正しい位置で光の焦点が合うようにするため、視力矯正が出来るということです。
以前はフラップを眼科医が作っていましたが、今は機械で作ることができるようになったため、正確な手術ができるようになりました。
http://sponsorship.jp/mukasi.htmlに詳しく書いてありますが、レーシックが日本で行われるようになったのは2000年に入ってからだそうです。
そのため、2015年現在ではまだまだ新しい手術法ともいえるレーシックですが、2000年の頃と比べると驚くほど進化しています。
費用http://tcbyct.com/4.htmlが安くなり、
手術方法のバリエーションhttp://www.thedividethemovie.com/kind.html増えたことで、当初は手術ができないと言われていた方でも、レーシックをできるようになったのです。

※参考:手術方法とは
※参考:手術の痛みに関して

このページの先頭へ