レーシック手術の前はコンタクトに関して
老眼

レーシック手術の前はコンタクトに関して

目が悪いというのは生活に支障をきたします。
コンタクトレンズやメガネをしていないとぼやけて何をするにも不安です。
最近は使い捨てコンタクトレンズなど、ケアが必要のないものも多くなっているため、コンタクトを利用される方が非常に多くなっています。

ただ、レーシックを受ける際には、このコンタクトレンズの装用を控える必要があります。
コンタクトをしていると角膜の形が変化し、レーシックの手術前に行う検査によって角膜を測る時、正確な数値を計測できないのです。
コンタクトは角膜の上に装着します。

そのため装着している間は常にコンタクトレンズが角膜を圧迫している状態です。
この圧迫によって角膜の形が変化してしまうのです。

コンタクトレンズにもさまざまな種類がありますが、一般的にソフトコンタクトレンズの場合は検査日、また手術前の3日前から、ハードコンタクトレンズの場合、検査日、また手術前の2週間前から、乱視用の場合は1週間前、1ヶ月装用型のソフトコンタクトレンズの場合、1か月前からなど、コンタクトレンズの装用の中止を求められます。
安全にレーシックを受けるためにも、手術前のコンタクトレンズの装用は、医師の指導のもと、必ず控えるようにしましょう。
※参考:レーシック前の検査に関して
※参考:術後の視力回復に関して

このページの先頭へ