レーシックのメリットに関して
老眼

レーシックのメリットに関して

レーシックを受けるメリットといえば、やはり裸眼生活ができるという事でしょう。
視力が弱いとメガネやコンタクトレンズなどが手放せません。
メガネはスポーツを行う際に邪魔になりますし、見た目を左右します。
コンタクトレンズは使い捨てもありますが、ケアが面倒ですし、眼病を引き起こす可能性もあります。
購入費用については利用する間はずっと費用がかかりますのでコスト的問題もあります。

長い時間をかけて視力回復を行っていく訓練などもありますが、レーシックの場合、手術後すぐに視力が上がったという事を実感できます。
翌日でも7割から8割の視力矯正を実感できるといいますので、これは視力が弱い方にとって非常に魅力的です。
手術の成功率も高くhttp://www.race-rafting.jp/seikouritu.html多くの方が満足しています。

手術時間が短く通常入院が必要ない手術という事も理想的です。
手術そのものは両眼で10分程度のもので、病院にいる時間も2時間程度です。
あっという間に終わってしまうので、ストレスも少なく、当日帰宅できるというのも嬉しいです。
以前は費用がかなり高かったのですが、最近は以前と比較してかなりコストダウンして、手術を受けやすくなったという事も大きなメリットです。
レーシックのメリットは多数ありますが、逆にデメリットの知識もしっかり持っておくことが必要です。
※参考:レーシックでのデメリット
※参考:手術を受けられる年齢

このページの先頭へ