レーシック医師の見極め方について
老眼

レーシック医師の見極め方について

レーシックは角膜を調整するという手術のため、失敗例が少ないとはいえ、納得がいく結果にするために、医師選びは慎重に行う必要があります。
眼科医として免許を持っていることは当然ですが、レーシックは特殊な手術となるため、知識、技術を有してるかどうか、という事が問題です。

レーシック専門医師の場合、専門知識、技術はもちろんの事、施術実績も多数ある医師が多く、また万が一トラブルなどが行った場合にも、適切な処置、対応への知識も深いため、安心です。
この実績などについては、クリニック等のホームページ等に症例数やその医師の経験数として掲載されていることが多いので確認してみることが大切です。

またそのクリニックにいる医師が、日本眼科学会認定専門医であるかどうかについても確認してみましょう。
これについてもホームページに掲載されていることが多くなっていますし、クリニック内にも認定医であるかどうかを掲載している事が多いので、クリニックにカウンセリング等に行った際、見てみると安心です。

医師とカウンセリングを行う際に、レーシックについての質問があればどんどん質問してみましょう。
その質問に丁寧に答えてくれるかどうか、手術を受ける方の不安要素をなくそうとする努力が見られるかどうかも、判断基準となります。
※参考:最適な病院とは
※参考:病院の選び方

このページの先頭へ