老眼

レーシック手術の詳細

多くの一般の方も受けるようになったレーシックは、視力矯正手術の一種です。
エキシマレーザーという特殊なレーザーを利用し、角膜を調整します。
レーザーによって角膜の表面を薄く削り、フラップというものを形成します。
そのフラップをめくりレーザーを照射し、角膜の屈曲率を調整してからフラップを元に戻す、という施術になります。

角膜の中央部が薄くなり屈曲率が下がることにより禁止の矯正が可能となり、コンタクトやメガネなどの矯正具を利用せず、裸眼視力をあげることができるのです。
施術直後は視力が安定していませんが、通常、1日程度経過すると施術前よりも鮮明に見えるようになり、早い方で1週間くらい、遅い方でも1ヶ月程度経過すると視力が安定します。
一般的には、レーシックを受けた方の9割以上の方々が、1.0以上の裸眼視力を手に入れるといいますので、矯正具が必要な方にとって、魅力的な手術といえます。

レーシック先進国のアメリカでは、90年代に多くの方がこの施術を行うようになり、日本でも2000年に入ってから厚生労働省が認可し、施術を受けることができるようになりました。
コンタクトやメガネが邪魔になってしまう競技を行うスポーツ選手などが施術を受けるようになり、現在は当初より費用が安くなったことで、多くの一般の方も手術を受けるようになりました。
手術自体は30分もかからないでおわり、入院も必要ないので手軽に行えると思われがちですが、手術の前後には適応検査やアフターケアhttp://unperes.jp/zenngo.htmlなどを念入り行うため、何回も通う必要があります。
遠い場所にある評判の良いクリニックで手術を受けようかなと考えている人は、通うのに負担のない範囲で選んだ方が良いかもしれませんね。


※参考:スポーツ選手や芸能人も受けているレーシック
※参考:どれくらいの値段なの?

このページの先頭へ