レーシックを受けられない人に関して
老眼

レーシックを受けられない人に関して

視力が悪い人が受けるレーシックについては、視力回復を願うすべての人が受けることができるという手術ではありません。
レーシックを受けることができない人もいます。
まず、基本的に20歳以上にならないと手術を受けることができません。
視力というのは個人差がありますが、一般的には20歳くらいで安定するといわれています。
特に18歳から20歳という期間は成長期といわれている時期なので、近視が進む場合もありますし、そのまま維持されることもあります。
そのため、18歳以上としているクリニックなどもありますが、20歳以上になってから受ける方が安全です。

角膜の屈曲率を調整する手術となるため、角膜の厚さが一定以上ない場合受けることができません。
手術に利用するレーザーや方法によって受けることができる場合もありますが、リスクが大きい場合、手術を受けることはできないのです。
また角膜の薄さ以前に、角膜に病気がある方は受けることができない場合もあります。

妊娠されている場合、受けないほうが安全です。
レーシックの施術後は感染予防のためにお薬を服用します。
この影響がないとは言い切れません。
妊娠中はさけ、出産後、授乳が終了してから受ける方が、体も安定しますのでリスクが少なくなります。
※参考:どのくらいの時間が手術にかかる?
※参考:レーシックのデメリット

このページの先頭へ